• 105 「はこべの家」のいちじくジャムでアレンジレシピ

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

105 「はこべの家」のいちじくジャムでアレンジレシピ

2017.08.03

「はこべの家」のいちじくジャムでアレンジレシピ

福井県三方郡美浜町に「はこべの家」はあります。障害のある方などの自立支援と福祉サービスを提供する施設です。「はこべの家」では活動のひとつとしてオリジナル商品の開発と販売店づくりをしています。現在は福井県特産品でもある鯖のへしこや納豆やジャムなどの製造をしています。社会福祉法人はこべ福祉会のいちじくジャムのご紹介です。

■星の子ジャムのいちじくジャム

「はこべの家」では星の子ジャムというブランド名で福井県産の果実を使ってジャムを作っています。うめ、いちご、いちじく、ブルーベーリーなどがあり、着色料、保存料、香料を一切使わず素材を活かした作り方をしています。ペクチンを使用していないため、市販のジャムよりゆるいのが特徴です。原材料のいちじくは福井市の中利喜代一さんがフランスで学んだ栽培技術を用い、無化学肥料、減農薬で育てた完熟いちじくを使用しています。
蓋を開けると甘い香りが広がります。優しいいちじくの味わいで後味もスッキリ、甘さが口の中に残りません。

■チーズといちじくジャムで簡単!スタッフドバケット

まずはチーズに添えてみました。クセのあるブルーチーズもぴったりです。ワインのお供にオススメです。また、チーズが残ってしまったら、スタッフドバケットはいかがでしょうか。サラダを添えてランチにも良いですね。

<材料>
・いちじくジャム
・バケット
・チーズ(ブルーチーズ、クリームチーズなど)
・ナッツ、ドライフルーツなど(お好みで)

<作り方>
1.バケットを周囲1cmほど残してくり抜きます
2.常温に戻したチーズにいちじくジャム、お好みでナッツやドライフルーツ、くり抜いたパンをちぎって加え、混ぜます
3.1に2を詰めてラップで全体を包み冷蔵庫で2〜3時間冷やします(一晩置いても可、冷やす事で味がなじみカットしやすくなります)
4.1〜1.5cmの幅にカットして完成です

■ポークソテーいちじくジャム風味

<材料>
・いちじくジャム 大さじ2
・豚薄切り肉 100g
・塩・こしょう・白ワイン 少々(肉の下味用)
・白ワイン(料理酒でも可) 大さじ2
・生姜汁(チューブでも可) 少々
・醤油 小さじ1
・サラダ油 大さじ1

<作り方>
1.豚薄切り肉に下味用の塩、コショウ、白ワイン少々ふります
2.ボールなどに、いちじくジャム、白ワイン、生姜、醤油を合わせ混ぜます
3.熱したプライパンにサラダ油をひき、豚肉を焼きます。肉に火が通ったら火を止め、2を加え絡めて完成です

いちじくジャムと生姜の香りが食欲をそそるソースです。他には鶏肉にも合いそうです。

■キラリと光る「はこべの家」のいちじくジャム

「はこべの家」のホームページはこんな言葉が記されています。『誰にもきっと、キラリと光る瞬間がある。誰かを照らす、灯になってあげることができる。みんな星の子。一人では輝けないけど、一緒なら、かなえられそうな夢がある』キラリと光る「星の子ジャム」是非一度お試しください。

(ペンネーム 原 祐希)