• 004 「腸内環境」を整え「メタボ」を予防!いま大注目の健康食材  『大麦』のパワーとは…⁉

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

004 「腸内環境」を整え「メタボ」を予防!いま大注目の健康食材  『大麦』のパワーとは…⁉

2016.11.10

「腸内環境」を整え「メタボ」を予防!いま大注目の健康食材  『大麦』のパワーとは…⁉

食の西洋化によって大きく変わった現代人の食生活。昔に比べて成人病にかかる人や肥満が増えていますが、これは穀物から摂取する食物繊維の量が大幅に減ったことが原因の一つになっています。
そんななか食物繊維を豊富に摂取できる食材として、いま『大麦』が注目されています。
腸内環境を整え、メタボの予防・改善になる『大麦』の魅力をご紹介します!

福井の大麦

大麦は食物繊維を多く含んだ食材で、その量は白米の20倍、玄米の3倍になります。
大麦の食物繊維は、普段の生活では摂取しにくい水溶性食物繊維「βグルカン」という成分でお腹の中で溶けると粘度が高くなり、血糖値を下げるなどの効果があります。
<腸活やメタボ予防にぴったりの『大麦』パワー>
① 食物繊維が豊富(白米の20倍)で善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれる
② B-グルカン(水溶性食物繊維の一種)が豊富で、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる
③ 血中コレステロールを下げてくれる
④ 糖や脂質の吸収を抑え、糖尿病など生活習慣病の予防になる
⑤ 腸が整うことで美肌効果がある

麦ごはんや麦茶など食用に使われる大麦は「六条大麦」という種類で、福井県が生産量
第1位、28.3%のシェアを誇っています(平成27年度)。
福井県では、昭和50年代から六条大麦の産地化を進めており、大粒で粒の張りが良い
「ファイバースノウ」という銘柄を栽培しています。

東京にあるアンテナショップには様々な大麦商品を取りそろえております。
是非ともお越しください。