• 123 刺激的な辛さが美味しい!なすのこうじ地辛子漬けを美味しく食べる方法

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

123 刺激的な辛さが美味しい!なすのこうじ地辛子漬けを美味しく食べる方法

2017.09.01

刺激的な辛さが美味しい!なすのこうじ地辛子漬けを美味しく食べる方法

福井の隠れた特産品「地がらし」と自家栽培で収穫した茄子を米麹でしっかり漬け込んだ、なすのこうじ地辛子漬け。ぴりっとした辛さと、後味の良さが特徴的です。ごはんにもお酒のおつまみにもぴったりで、はしが止まらない美味しさ!この記事では、なすのこうじ地辛子漬けについて、またなすのこうじ地辛子漬けを美味しく食べる方法などを紹介しています。

■やさしい漬物づくりに対する野菜工房の熱い思い

なすのこうじ地辛子漬けを製造している福井県にある野菜工房では、ほとんどの工程を手作業でおこなっています。また、旬の素材を旬の時期に加工を行い、人工甘味料や着色料などの添加物を極力使用しておりません。素材本来のうま味を生かすことにこだわり、努力し続けてきたのです。原材料のほとんどが永平寺町産の地産地消で、体にやさしい漬物作りを心がけています。

■なすのこうじ地辛子漬けをいただいてみました

なすのこうじ地辛子漬けは、どんな味なのでしょうか?ワクワクしながら、早速いただいてみました。 
パッケージの蓋をあけると、地辛子のにおいが漂ってきます。ワサビのようだけれど、ワサビ以上のツーンした刺激的な香り・・・。辛子はチューブのものしか食べたことがなかったので、辛子がこんなにもニオイがあるものなのかと、衝撃的でした!

口に入れると、鼻の奥まで広がる独特のツーンとした辛さ、柔らかいのに、しっかりと残ったなすの歯ごたえが絶妙!上品でピリッとした大人の味です。箸がどんどんすすみ、やみつきになってしまいました。夫婦で「おいしい、おいしい」と言いながら食べていたら、あっと言う間になくなってしまいました。またリピート購入します♪

■なすのこうじ地辛子漬けのおいしい食べ方とは?

なすのこうじ地辛子漬けを組み合わせるだけで、普段何気なく食べている食材がより美味しくなりますよ。なすのこうじ地辛子漬けは、個性的な風味なので、薄味の食材との相性が特にバッチリです!そうめんに少しゴマ油を垂らして、なすのこうじ地辛子漬けをのせるだけのアレンジや小松菜などの葉野菜と和えたりしてもとっても美味しいです。辛さがアクセントとなり口残りが良いので、ハムやウインナーのソースとして食べるのも、オススメです。

■食べれば食べるほど、その魅力にはまってしまう

ちょっと疲れたときに、口寂しいときにもぴったりな、なすのこうじ地辛子漬け。料理のアクセントにも、お酒ともよく合うのでそのままオツマミにしても良いですよ。ぜひ、ピリッとした刺激的な美味しさを体験してみてくださいね!

(ペンネーム hanonw)