• 024 職人が一気に削り込んで作る!奥井海生堂の「おぼろ昆布」

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

024 職人が一気に削り込んで作る!奥井海生堂の「おぼろ昆布」

2017.04.04

職人が一気に削り込んで作る!奥井海生堂の「おぼろ昆布」

おぼろ昆布は1枚の昆布にカンナをかけるようにして薄く削って作ったものです。
1枚の昆布から作るので、その昆布は傷の少なく肉厚なものを使わなければいけません。職人が心をこめて削ったおぼろ昆布は上品な甘みとうま味が十分に味わえます。ひらひらと儚げなその見た目の良さも料理をより引き立ててくれます。
ここではおぼろ昆布の美味しい食べ方を紹介いたします。

■おだしまで飲み干したくなるおそばに変身!

貴重で高級なおぼろ昆布。
今回使用したのは海生堂特選おぼろ昆布です。
50g入りですが取り出してみると空気を含んで容量が多くなりました。
見た目より沢山楽しめる量だと思います。

おそばにおぼろ昆布を入れてみます。
ネギを入れた出来立てのおそばにおぼろ昆布を乗せました。
するとふわ~っとおぼろ昆布がおだしに染み込んでいきました。


食べてみるといつものおそばがより美味しく感じられます。
おぼろ昆布から出たうま味がおだしに流れ出ていておそばをより味わい深くしてくれました。
ついおだしを飲み干してしまいたくなるような美味しさです。
おだしを吸ったおぼろ昆布もとろっと柔らかで美味しいです。

■おぼろ昆布をダイレクトに味わえる!おにぎり

次にオススメしたいのはおにぎりです。
気軽に作れておぼろ昆布の美味しさがしっかり味わえる料理だと思います。
炊き立てのご飯を用意して、手を濡らして塩をすりこんでからおにぎりを作ります。
今回は中に梅干しを入れて作りました。
軽く握ったらまわりにたっぷりとおぼろ昆布をまぶして完成です!
おにぎりの蒸気をまとった昆布からはいい香りが立ちのぼります。
一口食べてみると思わず幸せ~!と言ってしまうような美味しさでした。


梅干しとの相性もバッチリでした。
大きめに作ったおにぎりでしたがついもう1つ…と食べ進んでしまう味です!

■すまし汁におぼろ昆布inで更に上品な味に

最後にオススメするのはすまし汁におぼろ昆布を入れる食べ方です。
今回は具材にだし巻き卵と茹でエビとネギを入れて作りました。
おそばに入れるときはたっぷりとおぼろ昆布を入れましたが今回は上品に一つまみだけ入れてみました。
すぐにふわふわとすまし汁に溶け込むように沈んでいくおぼろ昆布。
いつものすまし汁が格段にワンランクアップしました。
素材の味を引き立ててくれるような優しい味わいに思わず美味しいとつぶやいてしまいました。

■食べるごとに好きになる!おぼろ昆布

味わい深くて上品なおぼろ昆布。
食べるごとにやっぱり美味しい!としみじみ感じてしまいます。
普段の料理が簡単に特別なものになるおぼろ昆布。
手間暇かけて丁寧に愛情をこめて作られた美味しさをぜひ味わってみてください。

(ペンネーム もも)