• 034 凝縮された旨み!小浜海産物の小鯛のささ漬アレンジレシピ

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

034 凝縮された旨み!小浜海産物の小鯛のささ漬アレンジレシピ

2017.05.01

凝縮された旨み!小浜海産物の小鯛のささ漬アレンジレシピ

近海産でとれたピチピチ新鮮の連子鯛を使って作られた小鯛のささ漬。
天然塩で甘みをひきたててから、米酢に漬けています。
この米酢は、伝統ある地元のお酢屋から昔のままの製法で作ってもらっているもので深い味わいがします。笹の葉をあしらって杉の木の樽につめられた、見た目も素敵な食品なんです。
今回はこの小鯛のささ漬けを使った美味しいレシピを3つ紹介いたします。

■小ぶりな杉の木の樽に小鯛がビッシリ!まるで宝石のよう!

化学調味料や合成保存料などを一切使っていないので、素材の味をそのまま味わうことができます。
要冷蔵で賞味期限が5日という部分も新鮮さを感じられます。5日間しかないと思うかもしれませんが、1枚食べるともう1枚…と後を引く美味しさであっという間に無くなってしまうんです!
少し小ぶりな杉の木の樽の容器も粋でいいですね。
ふわっと杉の木のいい香りがしてきます。

まずはワサビ醤油で食べてみました。
程良い塩気とお酢のまろやかな酸味、そして小鯛のうまみが口いっぱいに広がります!
うまみがありながらもサッパリしていていくらでも食べられそうな味です。

■見た目も豪華♪てまり寿司&カルパッチョ

そのまま食べても美味しい小鯛のささ漬を、てまり寿司とカルパッチョにしてみました。
見た目も華やかで豪華なのでみんながビックリすること間違いなしです!

●てまり寿司

少し小さめな小鯛はてまり寿司にピッタリ!
ラップの上に小鯛を置いたらすし飯を乗せてキュッと丸めるだけです。
一口サイズなのも可愛くていいですね。
小鯛のキラキラした表面も綺麗です。

●カルパッチョ

塩とお酢のみのシンプルな味わいの小鯛なのでイタリアンにもよく合います。
薄くスライスした小鯛とクリームチーズを盛り付けてから、オリーブオイルと乾燥バジルをふりかけます。
ワインにとてもよく合いますよ♪

■〆に上品な小鯛のお茶漬けはいかがですか?

食事の〆や食欲のない時におすすめなお茶漬け。
小鯛が入るだけで程良い塩気とうまみがお茶漬け全体に広がるので、とても美味しくなりますよ!
お好みで梅干しやとろろ昆布や鰹節をいれても美味しいです。小鯛に浅く切れ込みを入れておくことでだし汁を注いだ時にパッと開いて綺麗です。
贅沢な至福の一時をどうぞ。

●小鯛のお茶漬け

お茶碗にごはんを盛り付けてからちぎった海苔と浅く切れ込みを入れた小鯛を乗せます。だし汁を注いだら小ネギをちらして完成です。

■色々な料理に活用できる小鯛のささ漬!あなたはどうする?

噛みしめるほどにお酢や小鯛の美味しさを口いっぱいに楽しむことができる小鯛のささ漬。シンプルな味付けなので様々な料理にも活用できるので楽しみ方は無限大です!自分で色々アレンジするのも楽しいですよ。

(ペンネーム もも)