• 042 皇室ご愛用!銘菓『後瀬』を美味しく食べる方法

FEATURES

特集・読み物

042 皇室ご愛用!銘菓『後瀬』を美味しく食べる方法

2017.05.08

皇室ご愛用!銘菓『後瀬』を美味しく食べる方法

■由緒と歴史のある銘菓『後瀬』

後瀬は昭和天皇・皇后両陛下、秩父宮妃殿下もお召し上がりになられたという、銘菓『後瀬』。由緒と歴史があり、その製法は創業から代々受け継がれてきました。

もち米を焼いて粉にし、寒梅粉に砂糖を合わせた落雁(らくがん)と呼ばれる生地が特徴的で、職人が長時間練り上げた特製の餡との相性は抜群で美味しさと美しさ、気品も兼ね備えた献上菓です。

■後瀬の特徴


封を開けると、経皮(シナモン)の芳しい香りがふわっと漂ってきます。
サイズはやや大きめの一口大といったところで、さすが皇室御用達…
美しく食べられるサイズまで考えられて作ってあります。
ほろほろの生地は、不思議な感触でサクッとしているのに柔からい口あたり。
落雁生地の魅力をたっぷりと堪能することができます。


中には控えめな甘さの餡がつまっています。生地も餡も甘いのですが、経皮の独特な風味で後味がスッキリして上品な味わいです。緑茶やコーヒーなどとの相性もバッチリの一品。

■後瀬をより美味しく食べる方法


そのままでも十分美味しい後瀬ですが、さらに美味しく食べられる方法を紹介します。
後瀬の魅力をより味わえます。

○冷凍庫で冷やす

特に、夏の時期にオススメしたいのが冷凍庫で凍らした後瀬。
1~2時間程、冷凍庫に入れたら、5分から10分ほど常温で放置しておきます。
すると凍ったときの水分が生地から滲み出してきて、後瀬の新たな食感を楽しむことが可能です。不思議な食感のとりこになってしまいますよ。時間はその都度、調節して下さいね。

○油で揚げる

生地のサクサク感がアップして、香ばしさもより引き立つのが油で揚げる方法です。
180度の油に、さっと後瀬をくぐらせてキッチンペーパーで油を落とすだけでOK!
揚げすぎないように注意して下さい。
お子様のおやつとしていかがでしょうか?

○オーブントースターで温める

オーブントースターで1〜2分ほど温めるだけで、後瀬のホロホロ感をもっと楽しめます。

こちらも加熱のし過ぎに注意が必要ですが、
3時のおやつにぴったりです。特に紅茶によく合いますよ。
温かいうちに食べて下さいね。

■進呈にもぴったり
多くの人に愛され、歴史を紡ぎ続けている後瀬は、由緒正しく、年配の方や目上の方への手土産、また進呈用としても相応しい和菓子です。
そのまま食べても美味しいのですが、少し手をも加えれば、様々な後瀬の味を楽しむことができますよ。
経皮の後味がさっと口に広がっていくような、気品溢れる味わいをぜひ体験して下さい。

(ペンネーム hanonw)