• 045 懐かしい田舎の味『里芋の煮っころがし』~アレンジ洋風レシピ~

FEATURES

特集・読み物

045 懐かしい田舎の味『里芋の煮っころがし』~アレンジ洋風レシピ~

2017.05.12

懐かしい田舎の味『里芋の煮っころがし』~アレンジ洋風レシピ~

■越前大野(上庄)の果肉がぎっしりと詰まった味付け里芋

普段よく食べる里芋と違って、もちもちとした食感が楽しめるこの里芋。でんぷんの量がとても多くて、粘り気も抜群。冷たくても美味しいけれど、温めたらより一層美味しくなる味付き里芋です。

■歴史ある上庄里芋の特徴

山々に囲まれたのどかな里で、上庄里芋は育てられています。霊峰白山より流れる美味しい水、豊壌で水はけの良いこの土地で、普通の里芋より粘り気のある、美味しい里芋となりました。

この里芋、美味しいだけではなく、栄養価も満点のヘルシーフードなのです。
タンパク質とビタミンB1、カリウムが含まれていて、同じ芋類の中でもローカロリー。ダイエットをしている人には嬉しい食材です。

■調理済みで手間いらず 里芋の煮っころがし


開けた瞬間、作り立ての煮物の香りがふんわりと広がりました。パウチされているので風味がまったく損なわれなかったのでしょうね。
ほのかな醤油の香り、とても食欲がそそられました。

里芋の下処理って結構大変ですよね。
ぬめりを落とすのに塩でもみこんだり、ゆでたり、流水で里芋をこすり合わせたり。

でも、この下処理をきちんとしておかないと、煮汁が濁ったり、味が浸透しにくかったり、渋みやえぐみが出てきたりもします。

ヘルシーで美味しいから食べたい。
でもぬめりを取るのがめんどう。

そんな方にはこの調理済み里芋がとても便利です。
懐かしいおふくろの味が、封を開けるだけで楽しめるんですもの。

一人暮らしの方への贈り物にも喜ばれますし、夕飯が足りない時の一品としても使えます。

いつでも自宅に常備しておきたい食品ですよね。

■離乳食にもピッタリ。身体に優しい里芋のお粥


里芋は胃にも優しい食材と言われています。

離乳食としても人気のある里芋粥。
調理の際は、温めた方がふんわりと柔らかくなるので、一緒に煮込んでも良いですし、レンジで温めてから乗せても美味しく召し上がれます。

■ついワインが飲みたくなるヘルシーな里芋のカナッペ


里芋のネットリとした食感が、濃厚でとろけたカマンベールチーズのような食感となり、カナッペと相性が抜群です。

相性の良いトッピングは、サクッとしたキュウリ、水分を含んだトマト、芳醇な味わいの生ハムなどなど。
基本、どの食材とも相性が良い里芋です。

薄くスライスした里芋の煮っころがしで、おしゃれなカナッペを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■スイーツレシピ♪里芋ムースとフルーツのパルフェ

材料
・里芋3個
・牛乳50cc
・砂糖大さじ1
・ホイップクリーム適量
・ゼラチン
・お好みのフルーツ

作り方
1 里芋の煮っころがしを取り出し、レンジで温める。
2 マッシャーで潰しながら、砂糖を加える。
3 温めた牛乳にゼラチンを加え、ペースト状になった里芋と混ぜ合わせる。
4 ホイップクリームを足し、さっくりと混ぜ合わせる。
5 冷蔵庫で冷やし固め、フルーツとホイップクリームをトッピング。

甘い里芋のふんわりとした食感が、ホイップクリームと合わさり、絶妙のハーモニーに。この里芋ムースだけでも、パクパク食べられちゃう美味しさです♪

栄養も豊富で、スイーツとも相性の良い里芋。
離乳食のお子様からお年寄りまで、幅広い世代に愛される食材なので、ぜひ一度、福井の里芋の煮っころがしをご賞味くださいませ。

(ペンネーム KANAYA)

※レトルトパウチの商品は通年でお取り扱いがございますが、収穫時期には、里芋自体も販売しております。
上庄里芋は味・歯ごたえ・粘りのどれもが格別なとても美味しい里芋ですので、是非お買い求めいただければと思います。