• 059 飲めば青春時代の風が吹く「ローヤルさわやか」アレンジ3選

FEATURES

特集・読み物

059 飲めば青春時代の風が吹く「ローヤルさわやか」アレンジ3選

2017.06.05

飲めば青春時代の風が吹く「ローヤルさわやか」アレンジ3選

昭和の時代から愛され続ける懐かしのジュース、ローヤルさわやか。
文字といいネーミングといい、懐かしさ漂うレトロ感がファンにはたまりませんよね。

長年愛され続けているこの炭酸ジュース。
一口飲めば幼少期を思い出し、二口飲めば青春時代の風が吹く。
そんな魅力たっぷりのローヤルさわやかをご紹介いたします♪

■やっぱり人気なのがメロン味 幼少期の記憶が蘇ります

ローヤルさわやかには、メロン味、ラムネ味、グレープ味があります。
その中でも、人気なのがメロン味。
福井では、ローヤルさわやかといえばメロン味と言われるほど、定番で人気のある商品です。
以前は瓶での販売でしたが、現在では復刻版を除き、ペットボトルでの販売となっています。

蝉の鳴き声、蚊取り線香と花火の匂い。
汗をぬぐいながら、一気に飲んだローヤルさわやかのメロンジュース。
夏が近づくと、無性に飲みたくなりますよね。

大人になった今。
懐かしいあの味を、今度は違ったバリエーションで楽しんでみてはいかがでしょう。

■ビタミンたっぷり ローヤルさわやかサングリア風

ワインやミネラルウォーターに、お気に入りのフルーツを入れて飲むことがあるかと思いますが、このローヤルさわやかにフルーツをプラスすると、とても贅沢な味わいになるんです。
見た目もカラフルでおしゃれですし、甘いジュースは苦手という方にも、フルーツポンチのような感覚でさっぱりと美味しく召し上がっていただくことができます。
ナタデココやチアシードを入れても美味しいですよ♪

■メロンジュースを凍らせてシャーベットに

バットやお皿にローヤルさわやかをゆっくりと注ぎ、蓋をして冷凍庫へ。
程よいシャリシャリ感が出てきたところで完成。
飲むだけではなく、シャーベットとして食べるのもおすすめですよ。

お好みでフルーツなどをトッピング。
料理の合間、お口直しのソルベとしてもどうぞ。

■炭酸ジュースをゼリーに。ローヤルさわやかジュレ

炭酸ジュースゼリーの作り方

<材料>
ゼラチン5g
水50cc
ローヤルさわやか250cc

1.水をお鍋に入れて温める
2.沸騰する前に火を止め、ゼラチンを加えて混ぜる
3.しばらく冷まし、ややとろみが出てきたら、ゆっくりと炭酸ジュースを加える
4.軽く混ぜ、容器に移して冷蔵庫で固める

炭酸の気泡を含んだプルプルのゼリー。
いつものゼリーとは違い、エアリーな食感がとても新鮮です。

いかがでしたか?

昭和の昔から、愛され続けるローヤルさわやか。
お風呂上りや疲れた時、ホッと一息つきたい時に、無性に飲みたくなるのがレトロジュースの魅力ですよね。
いつでも昔を思い出せる味というのは、とても貴重でありがたいものです。
そのまま飲んでもよし。
シャーベットにしてもよし。
いろんなバリエーションで、昔の味を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

(ペンネーム KANAYA)