• 129 職人の神業で作られる『手削りおぼろ昆布』とアレンジレシピ

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

129 職人の神業で作られる『手削りおぼろ昆布』とアレンジレシピ

2017.10.02

職人の神業で作られる『手削りおぼろ昆布』とアレンジレシピ

サラサラとしていて、まるでベルベットのような柔らかさ。そして上品な昆布と酢の味わい。
これまでの昆布のイメージをくつがえされたのが「北前船のカワモト」の『手削りおぼろ昆布』です。はじめて食べたときは衝撃的でした。
そんな手削りおぼろ昆布を、様々な料理でいかせるアレンジレシピを紹介していきます。スープや甘いケーキ・・・手削りおぼろ昆布を使用すると、今までの料理がよりいっそう美味しくなりますよ!

■手削りおぼろ昆布はまるで芸術品のような繊細さ

磯の香り、酢の香りがとっても良い匂いが漂います。
手にとるとフワフワとしていて、なめらかで美術品のようでした。手削りおぼろ昆布はその名前のとおり職人が一枚一枚、手で削っています。

手削りおぼろ昆布はこんなにも薄く削られています。機械ではできない職人の技ですね。

そして、舌の上でとけだしていく豊かで濃厚な味わい。
正直とてもびっくりしました。昆布ってこんなに美味しいのかと・・・
昆布の味、舌触り、すべてが一級品です。

■おぼろ昆布とすだちのさっぱりひえひえスープ

夏にピッタリな清涼感のあるスープ。肌寒いときには温かいままで食べてもおいしいですよ。とうふや刻みしょうがなどを入れても美味しいです。

【材料】
おぼろ昆布・・・半量
すだち・・・半分
豆腐・・・4分の1
醤油・・・大さじ1
水・・・400cc

【作り方】
1.鍋に水とおぼろ昆布を入れて火にかけます。
2.沸騰するまでの間にすだちと豆腐を切っておきます。
3.1が沸騰したら醤油をいれます。
4.さまして熱がとれたら冷蔵庫でしばらく冷やします。
5.すだちを飾り付けたら完成です。

■塩見がアクセント!おぼろ昆布のかんたんケーキ

しっとりもっちりのケーキの作り方を紹介します。おぼろ昆布の塩気がアクセントになりとても美味しいですよ。
お子さまのおやつにもオススメです。

【材料】
おぼろ昆布・・・3分の1(お好みで)
ホットケーキミックス・・・200g
牛乳・・・200cc
卵・・・1個

【作り方】
1.卵をボウルにいれて溶きます。
2.1にホットケーキミックスを入れて、さらに牛乳を少しずつ入れてよくかき混ぜていきます。
3.ダマが完全になくなったら、おぼろ昆布をキッチンハサミで切って入れて混ぜます。
4.ボウルをお釜にうつします。
5.炊飯器で炊きます。火が通っていなかったらもう一度炊いください。
6.出来上がりです。

大きなお皿の上などで、お釜をひっくり返すとキレイにケーキがはがれます。おぼろ昆布の量はお好みで調節してくださいね。

■一度食べたらおぼろ昆布以外の昆布が食べられない!

手削りおぼろ昆布はそのまま食べてもよし、アレンジして食べてもよし!まだ食べたことがない方はぜひ一度味わってほしいです。繊細な風味に感動すること間違いなしですよ。

(ペンネーム 真宮ぽんた)