• 135 ふんわりクリームが絶品!阿んま屋「生どらやき」7種類をご紹介

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

135 ふんわりクリームが絶品!阿んま屋「生どらやき」7種類をご紹介

2017.10.02

ふんわりクリームが絶品!阿んま屋「生どらやき」7種類をご紹介

約100年の歴史のある阿んま屋は、生どらやきが看板商品の和菓子店。生どらやきの種類は豊富で、選ぶのに迷ってしまうほど。クリームはもちろん、皮にもこだわり、それぞれの味に合わせて作られています。日本茶のほかに、コーヒーや紅茶にもピッタリのお茶菓子です。生どらやきを使ったカップデザートもご紹介します。

■クリームの厚さ約1.5cm!ボリュームたっぷり

阿んま屋の生どらやきの特徴は、なんといっても厚みのあるクリームです。横から見ると、生地の間からクリームが見えるほどボリュームたっぷり。クリームがふんわりしていて、食べると幸せな気持ちになります。ファンが多く、福井県外から買いに来る人もいらっしゃるそうです。

生どらやきは、冷凍で販売されていて賞味期限は2週間です。解凍後は3日以内に食べ切ります。半解凍の状態でいただくと、アイスのような食感も楽しめますよ。

■「次はどれにしようかな?」生どらやき7選

阿んま屋の生どらやきは、定番商品と季節限定を合わせて20種類以上あります。生地とクリームには、こだわりが詰まっていますよ。その中から、7種類をご紹介します。

・つぶあん
クリームの中に北海道産の小豆が混ぜ込んであります。甘さ控えめの上品な味わいです。

・抹茶
抹茶クリームには、鹿の子豆が混ぜられていて食感も楽しめます。抹茶の苦味が絶妙です。

・バナナ
袋を開けるとバナナの香りが広がります。クリームはバナナの果肉入り。

・ラムレーズン
ラム酒に漬け込んだレーズンが入っています。ラム酒の味が強いので、お酒に弱い方は注意しましょう。

・コーヒー
クリームと皮にコーヒーが混ぜ込まれています。苦味と甘味のバランスが良く、コーヒー好きにはたまりません。

・おたとうふ
福井で有名な「おたとうふ」をクリームへ混ぜ込んであります。トラ柄皮が印象的。お豆腐の香りがして、サッパリしています。

・パイン
6月頃から販売される商品です。パイナップルの果肉が混ぜられ、爽やかな風味です。

■生どらやきをカップデザート「トライフル」にアレンジ

そのままでも美味しい生どらやきを、ちょっと贅沢にアレンジしました。作り方をご紹介します。

お好きな容器へ約3cm角に切った生どらやきを入れ、生クリームと交互に重ねます。最後にフルーツ、生クリームをトッピングしたら完成です。生どらやきのクリームが柔らかいと切りにくいので、完全に解凍される前に行ないましょう。

作り方はとても簡単です。好きな生どらやきとフルーツを選んで、子どもと一緒に作るのも楽しいですよ。

■たくさんの種類からお気に入りが見つかる!

阿んま屋の生どらやきは、クリームの厚さから「甘いのかな?」と思いがち。その甘さは控えめで、飽きのこない美味しさです。大人から子どもまで親しまれている生どらやきを、おやつに楽しんでみませんか。

(ペンネーム junhasegawa)