• 179 おやつに!おつまみに!タレに漬け込んだ「イカ団子」ボリューム満点

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

179 おやつに!おつまみに!タレに漬け込んだ「イカ団子」ボリューム満点

2017.12.01

おやつに!おつまみに!タレに漬け込んだ「イカ団子」ボリューム満点

イカ団子は、福井名物ソースカツ丼のタレが染み込んだ甘辛味。魚肉へ越前産のスルメイカが混ぜられ、弾力のある食感を楽しめます。おかずはもちろん、おやつやお酒のおつまみにもピッタリです。そのままでも、温めても美味しくいただけますよ。イカ団子を使った「ニラもやし炒め」と「卵チャーハン」のレシピもご紹介します。

■思わず手が伸びてしまう!甘辛味のソースカツ丼のタレ

福井でカツ丼は「ソースカツ丼」が定番。ウスターソースをベースにした甘辛味のタレがやみつきになります。ソースカツ丼のタレはトンカツ以外の食材とも相性が良く、タレが染み込んだイカ団子は、甘辛味が後を引きますよ。

団子の大きさは直径4cmほどで、ボリュームたっぷりです。1パックの内容量は170g。団子が9~10個入っています。パックに詰められている団子を見ると、とろみのあるタレが絡んでいるように見えますが、タレは少なく団子へ染み込んでいます。そのため、お弁当のおかずにしてもタレが漏れてしまう心配がありません。また、おかずを1品追加したいときや、おつまみで手軽に食べたいときにもおすすめです。

■ウスターソースで味付け「ニラもやし炒め」

イカ団子を肉や魚の代わりに炒め物へ入れると、ボリュームのあるメインのおかずになります。味付けはソースカツ丼のタレに合わせたウスターソースです。イカ団子は加熱しなくてもそのまま食べられるので、サッと炒めて野菜の食感を残した炒め物を楽しめます。

【材料(4人分)】
・イカ団子 5個
・もやし 1袋
・ニラ 40g
・ウスターソース 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1
・塩、コショウ 適量

【作り方】
1.フライパンへ油を引き、もやし、長さ4cmに切ったニラを炒めてしんなりしたら、ウスターソース、オイスターソースを回し掛けます。
2.4等分に切ったイカ団子を入れて炒め、塩、コショウで味を調えたら出来上がりです。

■イカ団子の甘辛味でごはんが進む!「卵チャーハン」

イカ団子に味がしっかりと付いているため、味付けは塩、コショウを少し加えるだけでOKです。また、ごはんと卵を混ぜることで、パラパラのチャーハンに仕上がります。

【材料(1人分)】
・ごはん 150g
・卵 1個
・イカ団子 2個
・ネギ 10g(5㎝ほど)
・塩、コショウ 適量

【作り方】
1.溶き卵へごはんを入れて混ぜ、油を引いたフライパンで炒めます。
2.粗みじん切りにしたイカ団子、みじん切りにしたネギを入れて炒め、塩、コショウで味を調えたら完成です。

■甘辛味が後を引く!弾力のある食感でお腹満足

甘辛味のイカ団子は、ごはんが進む1品です。弾力が強く、食べ応えがあるので満足感がありますよ。また、料理に混ぜ込むと、味や食感のポイントになります。おかずのほかにも、おやつやお酒のおつまみに是非お楽しみください。

(ペンネーム junhasegawa)