• 186 老舗そば屋の本格ラーメン【越前屋の素ラーメン】

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

186 老舗そば屋の本格ラーメン【越前屋の素ラーメン】

2018.01.12

老舗そば屋の本格ラーメン【越前屋の素ラーメン】

大正十四年から続く老舗のそば屋、越前屋の素ラーメンです。
自社のそば畑を保有するなど、麺にこだわってそばを作り続けてきた越前武生製麺。その製麺所が工夫を重ねて開発した本格熟成麺が、ご家庭で手軽に楽しめるようになりました。

■自家製の熟成麺は昔懐かしい中華麺

福井県産の小麦粉で作られた、昔ながらの中華細麺です。ソフトで滑らかな食感が特徴で、麺の材料は小麦粉、うち粉(でんぷん)、酒精、かんすい、と麺そのものがしっかりと味わえるラーメンとなっています。
麺の茹で方は、沸騰したお湯2~3リットルの中に麺を入れ、2分ほど茹でます。固めがお好きな場合、この素ラーメンでしたら、1分40秒がおススメの茹で時間です。

■3種の削り節からうま味を抽出した和風つゆ

使用されている削り節は、鰹節、鯖節、鰯節の3種類。その日の気温や湿度によって、原料をわずかに調整して作られているというこだわりのスープは、武生製麺自慢の逸品です。削り節のうま味とやわらかい香り、ほのかな甘みが特徴のスープで、麺の味をより引き立てるうま味があります。

■まずはそのまま素ラーメンを楽しみましょう

「麺の味、つゆのうま味を純粋に楽しむには、余分なものを一切加えてはいけない」と言われています。具を一切加えないこの素ラーメンこそ、究極のラーメン好きが行きつく先なのかもしれませんね。

まずはスープを1すくい。昔懐かしい味が口いっぱいに広がります。まさに正統派の中華そば、といった感じでしょうか。混じりっけなしの透き通ったラーメンスープは、絶妙なバランスで鰹節の風味、塩気とうま味が感じられます。
次に麺をいただきます。ソフトでのど越しのよい細麺は、和風つゆとよく絡んで喉元を通っていきます。麺自体に小麦独特の甘みと塩気があり、そのまま食べても十分に美味しさが感じられました。

■お好みの具を入れ、お家で本格ラーメン屋さん

王道のラーメンの具と言えば、煮卵、チャーシュー、メンマ、ネギですよね。これらを加えると、本格的な中華そばがお家で手軽に楽しめます。
この素ラーメンには、油が一切使用されていないので、とてもあっさりした味となっています。素朴な味わいを楽しみ飽きたら、お好みの具をどんどん追加してみるのも、この素ラーメンの楽しみ方かもしれませんね。

ですが、「素ラーメン」という商品のネーミングからもわかりますように、このラーメンはまずそのまま食べて頂きたい。麺とスープに自信があるからこその「素ラーメン」です。

老舗蕎麦屋が開発した中華そば。越前武生製麺のラーメンを、ぜひ一度ご賞味下さい。

(ペンネーム KANAYA)