• 241 地元酒販店がプロデュース『敦賀東浦みかんビール914』

FEATURES

特集・読み物
「福井のしあわせな291のこと」

241 地元酒販店がプロデュース『敦賀東浦みかんビール914』

2018.03.02

地元酒販店がプロデュース『敦賀東浦みかんビール914』

福井県敦賀市にある酒販店ケセラセラーみやもとは創業100年の老舗です。福井県の地酒、こだわりのワインやクラフトビールなど取り揃えています。また日本ソムリエ協会の認定ワインアドバイザーも在籍しており、お客様のニーズにあったお酒をコーディネートしてくれます。今回はケセラセラーみやもとが企画、商品化した『敦賀東浦みかんビール』のご紹介です。

■みなさん「敦賀東浦みかん」をご存知ですか?!

みかんといえば暖かい地域で栽培される果物という印象が強いですが、なんと北陸地方の福井県でも収穫されています。敦賀市では東浦地域で山と海に囲まれた傾斜地を利用してみかんが栽培されています。ワインに適した葡萄は栽培北限地に近い厳しい環境の方が良いとされていますが、美味しいみかん栽培ができる北限地とも言われている「敦賀東浦みかん」も日本海の海風を受けて育ち、しっかりとしたコクと甘さの中に爽やかな酸味があるのが特徴です。そのまま食べるだけでなく現在では加工商品の開発も行われています。

■シャンパン製法採用『敦賀東浦みかんビール914』

『敦賀東浦みかんビール914』はみかん果汁の配合や麦芽比率など試行錯誤を重ね、スロージューサーでコールドプレスした果汁と麦芽100%の本格クラフトビールを瓶内で2次発酵させるというフランスのシャンパンと同じ製法を採用しました。手間をかけ、「敦賀東浦みかん」とビールの風味や旨味を最大限に活かすように工夫されています。香料着色料等無添加、少しくすんだ様に見えますがやさしいみかん色です。ラベルには美味しく飲むための注ぎ方が掲載されているので大変参考になります。

■福井県敦賀市を盛り込みました『敦賀東浦みかんビール914』

しっかりとした麦芽の香りとほんのりみかんの甘い香りがします。苦味はあまり感じられず、軽やかなコクがあります。ただ苦いだけでなく、ただ甘いだけでなく、麦芽とみかんのお互いに良いところを最大限に引き出し合っている感じがします。ビールが苦手という方も、ビール好きの方も是非一度お試しください。
毎日の食卓に、お鍋のお供に、脂っこいメニューなどでは喉越し爽やかに、和洋中どんな料理にも合いそうです。またパーティーシーンなどでは可愛らしいボトルがきっと注目の的になりますよ。

パッケージの絵柄は敦賀市内在住の画家、柴田邦彦さんのもので、商品名の「914」は同市の郵便番号と市内最高峰の野坂山の標高にちなんでいるそうです。敦賀市ならではの特徴を盛り込んだ商品となっています。

(ペンネーム 原 祐希)